【直営店】CHLOE “KATTIE”クロスボディバッグ ショルダーバッグ・ポシェット
【直営店】CHLOE “KATTIE”クロスボディバッグ ショルダーバッグ・ポシェット
81121081-6603-uzH
190,905円 293,700円
【直営店】CHLOE “KATTIE”クロスボディバッグ(81121081)

―★★★商品説明★★★―

ベジタブルタンカーフスキンを使用し、エッジに洗練されたブランケットステッチを施した、この“Kattie”クロスボディバッグは、洗練されたマスキュリンなシルエットと大胆なジュエリーのシグネチャーを組み合わせています。タイムレスなフラップデザインは、豊かな質感のブラス、ウッド、レザーのクロエを象徴する3つの素材を使用したアーティキュレーテッドブレスレットによって高められています。

エレガントなマチが収納力のあるメインコンパートメントを実現し、隠しマグネットクロージャーが清潔感のあるラインを引き立てます。調節・取り外し可能なストラップを使用すれば、ショルダーバッグやクロスボディバッグとしても使用できるデイバッグです。

―★★★【Chloe】★★★―
1952年にギャビー・アギヨン氏が立ち上げたフランスのブランド。「甘くなりすぎない大人なデザイン」「女性らしいカラー」「ブランド主張が控えめ」なブランドとして幅広い年齢層から支持を受けている。

―★★★【ご購入前に必ずご確認ください】★★★―
●100%本物保証
商品は全て世界中の直営店にて買付を行っております。
100%正規品のみをお取り扱いしておりますので、ご安心してお買い求めください。

●海外からの発送が主となるため、基本的に返品・交換は受け付けておりません。また発送までお時間【1週間〜2週間前後】を頂きます。予めご了承ください。

●在庫状況は常に変動しております為、商品買い付け時に商品が売切れの場合もございます。予めご了承ください。

●関税について
国際発送につきまして関税が発生した場合、お客様のご負担となります。
関税につきましては下記の説明ページをご覧ください。


●BUYMA 補償制度「あんしんプラス」をご検討ください。
あんしんプラスとは、BUYMA の「あんしん補償制度」でより大きな範囲を補償するための重要なオプションです。
詳しくは下記の説明ページをご覧ください。


ブランケットステッチが施されたベジタブルタンカーフスキン製“Kattie”クロスボディバッグ
持ち方:ハンドキャリー、クロスボディ、ロングショルダー

- マグネットクロージャー
- メインコンパートメント2つ
- 内側にフラットポケット1つ
- 調節&取り外し可能なストラップ
- ナッパライニング
ダストバッグ付き

- 幅:19.7 cm
- 高さ:14.5 cm
- 奥行き:7 cm
- ストラップの最短の高さ:40 cm
- ストラップの最長の高さ:53 cm

カラー:Amber Olive
製品コード:CHC22US500H043B6















ぴりか物語

【直営店】CHLOE “KATTIE”クロスボディバッグ ショルダーバッグ・ポシェット 色・サイズを選択:black※要在庫確認※

 今回は期待の新星「ゆめのつる」という新品種大豆の種まき作業をリポートしてきました。意外と知られていないことですが、大豆というものは、お米などと違って品種名=ブランド名ではないところがあります。先程、ご紹介した豆蔵さんの「つるの子納豆」のつるの子とはブランド名で、品種は「白つるの子」と「ユウヅル」という2品種から成り立ちます。理由は、産地品種ブランド名における品種群の設営をしているからだそうです。白つるの子・ユウヅルという大豆品種は、店頭にて皆様のお目にかかるころには「つるの子」というブランド名になっている訳です。なんだが出世魚みたいだな、と感じるのは私だけでしょうか…(笑)

 その「つるの子」ブランドを形成する新しい品種として「ゆめのつる」が登場となるようです。本格的な作付けは来年以降ですが、皆様の食卓にお目見えするようになるまでには時間がかかりそうです。しかし、必ず食べて喜んでもらえる大豆となれるよう頑張っていきます。

 どうぞ皆様も暖かく見守って下さい。

 

それにしても日本一になった豆蔵さんの「つるの子納豆」なんですが、まだ食べたことがない…。

 こりゃ〜、なまらヤバいっしょ!!最後は、北海道弁でしめさせてもらいました(笑)

 

 

 

 

 

 

【関税送料込】CHLOE クロエ ロゴ ショルダーバッグ

【直営店】CHLOE “KATTIE”クロスボディバッグ ショルダーバッグ・ポシェット 色・サイズを選択:black※要在庫確認※

 突然ではございますが、【Givenchy】ジバンシィ ウインドブレーカー ブラックこちら)を担当させていただいておりました。今回、縁あって堂々と復活!!となったしだいでございます。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 北海道今金町は、周りを山々に囲まれた盆地で寒暖の差が激しく、農業に適した環境なので、とても美味しい農産物が収穫されます。日本一の男爵いも「今金男しやく」をご存じの方も多いのではないのでしょうか。今金町産男爵いもは、本州でおなじみのファーストフード店「ファーストキッチン」での人気商品「北海道今金産男爵いものコロッケサンド」(今金産男爵いもコロッケサンド→MICHAEL KORS マイケルコース 長財布 ウォレット 小銭入れsmk130)に使用されていることで有名ですよね!!北海道には店舗がないため、残念ながら私は食べたことがありません。食べたことがある方がいらっしゃいましたら、リポーターの私の代わりにリポートしてほしいです(笑)

 そんな今金町には、地域特性をいかした多品目の農産物が栽培されております。なかでも注目してほしいのが今金町産の大豆です。今年の2月に開催された納豆業界イベント「平成23年度全国納豆鑑評会」おいて、納豆メーカー豆蔵さんの「つるの子納豆」(大粒)が最優秀賞の農林水産大臣賞を受賞し、今年の納豆日本一に輝きました(詳しくは→こちら)。この納豆に使用されている大豆が北海道今金町産です(つるの子納豆ネットショップ→【DIOR】国内未入荷!★ディオールアーケードアンクルブーツ ★)。今金男爵いもに続いて今金の大豆も日本一になったわけです。パチパチパチパチ〜

 それでは、新品種 大豆「ゆめのつる」のリポートをスタート致します!!

  日本一の納豆を送り出した今金町産大豆新品種「ゆめのつる」の種まきが行われました。今年の春は雪どけが遅かったため、例年より遅い種まきとなりました。当日は天気にも恵まれ、天晴な種まき日和でなんだかうれしくなりました。ちなみに、種まきのことを農業用語では播種(はしゅ)といいます。写真をご覧になってもわかるよう山々には、まだ雪がちらほらと見えています。サイロもあり、まさに北海道の原風景といったところでしょうか。

 

 

 トラクターにて自動で種をまくわけですが、種を埋めたところがうねとなり、畑には綺麗なストライプの線が出来上がります。淡々と種まき作業をしていますが、素人目線の私からすると、「途中で曲がったりしそうで難しいんだろうだなぁ〜」と感じてしまいました。さすが熟練の今金町の大豆職人さん【国内発送★CELINE】オーバーサイズジャケット プリント ラム

これから、ゆめのつるの種も畑から栄養をたっぷりいただいて、元気にすくすくと育っていきます。秋には、美味しい大豆となることを楽しみして下さい。
それでは、また次回!!

 

☆関税込み☆【A.P.C】デニム スカート

【直営店】CHLOE “KATTIE”クロスボディバッグ ショルダーバッグ・ポシェット 色・サイズを選択:black※要在庫確認※

Moschino print organic cotton t-shirt風がふきました。

  「ただいま」「おかえりなさい」
  待ちに待った里帰りの時です。

 “男しゃく職人”が丹精込めて整えた畑の土のしとねに、冬の間じっくり休み、十分に日光浴をして糖分を蓄えた今金の男しゃくがお帰りです。土と空気がほどよく混ざり合ってふわっとしたやわらかい土の中で、のびのび根を張り立派な芽を出す時をまっています。「今年もたくさんの花を咲かせ、まるまるに肥った元気な男しゃくいもになるぞ」と意気揚々です。                             
 





    やっと、ふる里に帰ってきた男しゃくですが、安心はしていられません。いつも天気は気まぐれです。5月に入り長雨と、その上、例年に比べ風もありません。じめじめして水はけも悪く、地温が上がりません。芽がちゃんと出るか初期生育が心配です。お天気だけは男しゃく職人たちにもどうしようもありません。平常心で畑を見守る。また、それも男しゃく職人の技のみせどころでもあるのです。

   これから、秋まで幾多の試練が訪れるでしょう。でも、どんな試練にも打ち勝って立派に成長してくれると信じる今金男しゃく職人です。
取材中黒毛和牛の赤ちゃんに出会いました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆関税込◆【Chloe】Juana ミディアムバッグ パッチワーク

【直営店】CHLOE “KATTIE”クロスボディバッグ ショルダーバッグ・ポシェット 色・サイズを選択:black※要在庫確認※

 

 ようやく’目覚めの春’到来です。冬の間、十分に休んで力を貯めていた今金町の畑の土たちは、今か今かとこの時期を待っていました。
   今年はいつもより冬が長く、「もう雪はいいっしょ。早くおいしい男しゃくを育てたいよ」とのささやきが聞こえてきます。
   この土たちのささやきに誘われて今年も今金男しゃくが動き出します。眠っていた種芋を目覚めさせる一番はじめの作業が日光浴です。男しゃくたちが待ちに待っていたことです。「今金男しゃくが健康にまるまる育ってくれるように」と、男しゃくに日光浴させるのです。日光を当てて冬の間たっぷり糖分を蓄えた男しゃくに、丈夫な目をださせるためです。

   日光浴と言っても神経を使います。一番気をつけなければいけないのが温度管理。日光を十分当てなければならないのですが、温度が高すぎると芽が出過ぎてしまいます。今金男しゃく職人が今一番気を遣うことがこの温度管理なのです。
   今金男しゃくも5月に畑に里帰りします。豊穣の秋を信じて職人たちの新しい年の挑戦がはじまりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

VIP☆直営店買付☆人気【JILSANDER】キャンバストートバッグ

BAALNAK.COM RSS